吉岡秀隆 若い頃 イケメン 画像 ドラマ
出典:https://pbs.twimg.com
ドラマ「北の国から」や「Dr.コトー診療所」でおなじみの吉岡秀隆さん。 若い頃の画像がイケメンだと話題になっています。   今回は吉岡秀隆さんのプロフィールと過去の出演ドラマを画像とともに紹介していきます。
スポンサーリンク

吉岡秀隆のプロフィール

吉岡秀隆 若い頃 イケメン 画像 ドラマ
  • 誕生日:1970年8月12日
  • 職業:俳優、ミュージシャン
  • 出身:埼玉県蕨市
  • 本名:同じ
  • 身長:172cm
  • 所属事務所:Office Bow!
  • 配偶者:内田有紀(2002-2005)
  • 子ども:なし
吉岡秀隆さんは小さな頃から芸能界で活躍しているイメージがありますよね。 デビューはなんと5歳の時でした。「大江戸捜査網」という時代劇でドラマデビューしています。 当時は「岡ひでたか」という名前で活動していました。初めは名前がひらがなだったんですね。   子役時代は何曲か歌も歌っています。 1977年には「八つ墓村」の主人公の子供時代の役で映画デビューしています。   そして1981年には映画「男はつらいよ」シリーズ、「北の国から」シリーズに出演。   どちらも何年にも渡って製作され、吉岡秀隆さんの代表作になりました。 「男はつらいよ」シリーズから始まり、山田洋二監督の作品に出演することが多いです。 他には「学校」シリーズ、「虹をつかむ男」シリーズなどにも出演しています。   1994年に主演した野沢尚さん脚本の映画「ラストソング」では、シンガーソングライターの役に挑戦。 劇中歌を作詞作曲し、CDも発売しています。 映画ではほかに「三丁目の夕日」シリーズも代表作の1つですね。   プライベートでは役者業と並行して自由の森学園高校を卒業。   亜細亜大学に進学しますが中退しています。 「北の国から」で恋人役を演じた内田有紀さんと2002年に結婚。ですが2005年に離婚しています。

吉岡秀隆の若い頃の画像がイケメン!

吉岡秀隆 若い頃 イケメン 画像 ドラマ 吉岡秀隆さんの若い頃の画像を見ると、優しそうなイケメンですね。   子どもの頃から現在まであんまり雰囲気は変わっていないですよね。

吉岡秀隆の代表的なドラマ

続いて吉岡秀隆さんの代表的なドラマを画像とともに振り返っていきましょう。
スポンサーリンク

やはり外せない「北の国から」

吉岡秀隆 若い頃 イケメン 画像 ドラマ 吉岡秀隆さんといえば「北の国から」というイメージの人も多いでしょう。 北の国からでは主人公黒板五郎の息子、純を演じています。   初めに連続ドラマで純役に選ばれたときは11歳でした。(ドラマでは小学校4年生の役)   初回から「~~な訳で」というセリフが印象的なナレーションも務めています。   北の国からシリーズは北海道富良野市に移り住んだ黒板一家の半生を描いた作品です。 1981年から2002年まで21年にわたって製作されました。 これだけ長い間1つの役を演じるというのはなかなかないですよね。

もう1つの代表作「Dr.コトー診療所」

吉岡秀隆 若い頃 イケメン 画像 ドラマ 吉岡秀隆さんのもう1つの代表作といえば「Dr.コトー診療所」ですね。 こちらは人気漫画をドラマ化した作品です。   2回の連続ドラマと2回のスペシャルドラマを放送しています。   何度も放送されたこちらも人気シリーズです。大きな代表作が2つもあるというのはすごいですよね!   吉岡秀隆さんは沖縄県志木那島(架空の島)の診療所にやってきた主人公の医師、五島健助を演じています。 医療ドラマではありますが、コトーが徐々に島になじんて行く姿がいいですね。 島の人たちのあたたかさが分かる作品です。

「猫弁」シリーズも見逃せない!

吉岡秀隆 若い頃 イケメン 画像 ドラマ 吉岡秀隆さんはスペシャルドラマに出演することが多いのですが、中でも人気なのは「猫弁」シリーズです。   大山淳子さん原作の推理小説を映像化しました。原作者本人が脚本も担当しているんですよ。   2012年に「猫弁〜死体の身代金〜」、2013年に「猫弁と透明人間」が放送されました。   吉岡秀隆さんは主人公の百瀬太郎を演じています。 事務所に猫を10匹も飼っていることから「猫弁」と呼ばれる弁護士です。 興味がある方はぜひ見てみてください。

まとめ

吉岡秀隆さんの若い頃の画像やプロフィール、代表的なドラマ作品について振り返ってきました。   吉岡秀隆さんは昔から優しそうなイケメンで今とあまりイメージが変わらないですね。   「北の国から」「Dr.コトー診療所」などヒット作の多い吉岡秀隆さん。 今後もどんなドラマに出演していくのか楽しみですね!

スポンサーリンク