char 若い頃 画像 歌唱力 ライブ
出典:https://jp.yamaha.com

シンガーソングライターとして活躍されているcharさん。

ギタリストとしての才能が評価されることが多いですが歌唱力はどうなのでしょうか?

また、現在はベテランですが、若い頃はどのような感じだったのかも気になりますよね。

 

今回はcharさんのプロフィールと若い頃の画像、ライブ活動についてなどを見ていきましょう。

スポンサーリンク

charのプロフィール

char 若い頃 画像 歌唱力 ライブ

  • 誕生日:1955年6月16日
  • 職業:ミュージシャン、ギタリスト、シンガーソングライター、音楽プロデューサー
  • 出身:東京都品川区戸越
  • 本名:竹中 尚人(たけなか ひさと)
  • レーベル:ZICCA RECORDS
  • 配偶者:Kanna S. McFaddin(元ファッションモデル・作詞家)
  • 子供:長男(JESSE・ミュージシャン、RIZEボーカル)

charさんは1955年に東京都品川区戸越で生まれます。

本名は竹中 尚人(たけなか ひさと)。

charという名前の由来ははっきり公表されていませんが「ひさ」という名前の人は「ちゃー」と呼ばれることが多いですよね。

 

両親は音楽関係だった訳ではないのですが、7歳でピアノ、8歳でギターを始めます。

 

特にジミ・ヘンドリックスに憧れていてピアノよりもギターに没頭していたそうですよ。

 

11歳のころに同級生と「FOX」というバンドを結成。

ヤードバーズ、ドアーズ、ローリング・ストーンズなどをカバーしていました。

小学生からバンドを組んでいたとは驚きですよね。

 

14歳になると別のメンバーと「JAH(ヤッハ)」というバンドを結成。

コンテストなどにも出場し、すでにプロのスカウトも受けていました。

ただし、フォーク路線で売り出そうとしていたため断ったそうです。

 

16歳で「GAS MASK」という新たなバンドを結成し、オリジナル曲も制作。

 

ヤマハ・ライトミュージックコンテストにも出場しました。

そして1971年にスタジオミュージシャンとしての仕事をしています。

 

スタジオミュージシャンというとベテランのアーティストが行うイメージでしたが10代半ばですでにやられていたんですね。

「ロック完全マスター」という楽譜についているカセットテープに収録されているデモ演奏を行いました。

当時はロック系のギタリストが少なかったため、charさんに声がかかったそうです。

 

その後もいくつかのバンドを掛け持ちしていましたが、1973年に「スモーキー・メディスン」を結成。

 

鳴瀬喜博さん、佐藤準さん、藤井章司さん、金子マリさんという豪華なメンバーでした。

様々なロックイベントなどに参加していましたが、メジャーデビュー前に解散してしまいます。

いくつものバンドを結成してきたcharさんですが、結局1976年に「NAVY BLUE」でソロアーティストとしてデビューします。

 

「気絶するほど悩ましい」「逆光線」「闘牛士」などがヒットして一躍有名になります。

ロック御三家とも呼ばれていました。

その後もバンドを結成したり、解散したりを繰り返しつつもソロとして活動されています。

 

1988年、2010年には自主レーベルを立ち上げました。

charの若い頃の画像

char 若い頃 画像 歌唱力 ライブ

charさんは渋いアーティストというイメージがありましたが、若い頃の画像を見ると意外と甘いですね!

 

アイドルのようなイケメンです。ロック御三家といわれていたのも納得ですね。

スポンサーリンク

歌唱力の評価は?

char 若い頃 画像 歌唱力 ライブ

16歳の時にスタジオミュージシャンの経験があるcharさん。

 

ギタリストとしての評価が高いですが、ソロアーティストとしての歌唱力はどうなのでしょうか?

 

charさんの歌唱力は他人によって評価が違いますが、

「ギタリストとしては上手いけれど、ボーカリストとしては一味足りない」という意見が多いです。

 

確かにボーカル専門の方は何か武器になるものがありますもんね。

charさんの場合、それがギターなんでしょうね。

ライブ活動について

char 若い頃 画像 歌唱力 ライブ

charさんは今でもコンスタントにライブ活動をされています。

 

ライブDVDもたくさん出ているので気になる方はまずDVDを見てみてもいいかもしれません。

まとめ

charさんのプロフィールと若い頃の画像、歌唱力やライブ活動について見てきました。

小学生のころからギターを始め、バンドも結成していたcharさん。

 

バンドは結成と解散を繰り返していますが、ソロアーティストとしても成功されています。

 

今後のcharさんの音楽にも注目したいですね。

スポンサーリンク