沢田研二 若い頃 画像 現在 勝手にしやがれ
出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com

若い頃はザ・タイガースのメンバーとして、現在もソロで音楽活動を続けられている沢田研二さん。

「勝手にしやがれ」などのヒット曲が有名ですよね。

現在の姿は知っているけど、若い頃はどんな風だったのか知らないという人もいるかもしれません。

 

そこで今回は沢田研二さんのプロフィールと若い頃の画像を見ていきます。

スポンサーリンク

沢田研二のプロフィール

沢田研二 若い頃 画像 現在 勝手にしやがれ

  • 誕生日:1948年6月25日
  • 職業:歌手、俳優、作詞・作曲家
  • 出身:鳥取県鳥取市
  • 本名:澤田 研二
  • ニックネーム:ジュリー
  • 身長:171cm
  • 事務所:ココロ・コーポレーション
  • 配偶者:伊藤エミ(1975-1987年)田中裕子(女優・1989年-)
  • 子供:長男

沢田研二さんは岩美郡津ノ井村(現・鳥取市津ノ井)で生まれ、その後京都府京都市に移りそこで育っています。

小学校、中学校時代は野球少年でした。その後京都の名門高校に入学しますが、中退しています。

京都でアルバイトをしている際、声をかけられサンダースのローディー兼ボーカリストになります。

 

さらにそのステージを見ていた岸部一徳さんに声をかけられ、サリーとプレイボーイズに加入。

 

沢田研二さんがメインボーカルとなり、グループ名をファニーズに改めました。

ファニーズは渡辺プロと契約してデビューが決定。

デビュー直前に「ザ・タイガース」に改名し、1967年に「僕のマリー」でレコードデビューします。

 

ザ・タイガースはグループサウンズのトップになりますが、1971年に解散。

意外と活動期間は短いんですね。それがカリスマ性を高めている気もします。

その後、PYGという新たなバンドとソロ活動の両方を行います。

 

1980年代は俳優として朝の連続テレビ小説や大河ドラマに出演。

 

さらに「プロ野球ニュース」にも準レギュラーとして出演し、活動の幅を広げています。

 

プライベートでは1975年に渡辺プロの先輩であるザ・ピーナッツの伊藤エミさんと結婚。

1男を授かりますが、1987年に離婚。

映画で共演した田中裕子さんと1989年に再婚しています。

沢田研二の若い頃の画像

沢田研二 若い頃 画像 現在 勝手にしやがれ

沢田研二さんの若い頃の画像を見ると、まさに容姿端麗で美しいですよね!

 

「ザ・タイガース」のデビュー当時から沢田研二さんは王子様的存在で、

10代、20代の女性ファンがたくさんいたんですよ。

 

今でも根強く応援しているこの頃からのファンも多いです。カリスマ的な人気があるんですね。

ちなみに、沢田研二さんは「ジュリー」の愛称で知られていますが、

これはご本人がジュリー・アンドリュースのファンだったことに由来しています。

スポンサーリンク

「勝手にしやがれ」等名曲紹介!

沢田研二 若い頃 画像 現在 勝手にしやがれ

沢田研二さんは1971年に「君をのせて」でソロデビューしますが、

オリコンの順位は23位とあまりヒットしませんでした。

翌年の「許されない愛」で4位とヒットするとその後、名曲を数々リリースします。

 

「危険なふたり」「時の過ゆくままに」「勝手にしやがれ」「サムライ」「TOKIO」などは有名ですよね!

 

世代ではない人でも知っているのではないでしょうか。

現在の活動は?

沢田研二 若い頃 画像 現在 勝手にしやがれ

沢田研二さんは70歳を過ぎた今でも音楽活動を精力的に行い、コンサートも行っていますよ。

2013年には、なんと44年ぶりにザ・タイガースのコンサートを行ったんです。

場所は日本武道館。昔からのファンにはうれしいことですよね。

 

2018年から2019年にかけては全67公演の「沢田研二 70YEARS LIVE 『OLD GUYS ROCK』を行っています。

 

70歳で67公演もコンサートを行うなんて本当にすごいですよね!

ちなみに、60歳の時は東京ドームと大阪ドームで6時間以上にも及ぶコンサートを実施しています。

本当にタフですよね。今後の沢田研二さんの活動も楽しみです。

まとめ

沢田研二さんのプロフィールと若い頃の画像、「勝手にしやがれ」等名曲などを振り返ってきました。

若い頃はザ・タイガースのボーカルとしてカリスマ的な人気を誇っていた沢田研二さん。

 

ザ・タイガース解散後、初めはヒット曲に恵まれませんでしたがその後徐々に名曲をリリースしています。

 

70歳を過ぎた現在でも、精力的に音楽活動を行い、コンサートも開催しています。

今後の沢田研二さんの活動も楽しみですね!

スポンサーリンク