佐藤仁美 若い頃 写真 昔 ドラマ
出典:https://suntoranosuke.com

ドラマだけでなく、バラエティ番組でも活躍されている佐藤仁美さん。

ライザップでダイエットをされてきれいになりましたよね。

 

最近では実際よりも年上のおばちゃんキャラを演じることも多いですが、若い頃はどのような感じだったのでしょうか。

想像つかないという人もいるかもしれません。

 

今回は佐藤仁美さんのプロフィールと若い頃の写真、昔のドラマ作品について見ていきます。

スポンサーリンク

佐藤仁美のプロフィール

佐藤仁美 若い頃 写真 昔 ドラマ

  • 誕生日:1979年10月10日
  • 職業:女優
  • 出身:愛知県春日井市
  • 本名:同じ
  • 身長:156cm
  • 事務所:ホリプロ.
  • 配偶者:細貝圭(俳優・2019年)
  • 子供:なし

佐藤仁美さんは愛知県春日井市で4人兄弟の末っ子として生まれます。

小学生の時両親が離婚し、父親と暮らしていました。

 

年の離れた長姉が母親代わりで佐藤仁美さんの面倒を見ていたそうです。

父親の仕事の都合で何度も転校していました。

 

中学生の頃、NHK名古屋放送局で制作していた「中学生日記」に出演します。

 

これが役者デビューで、女優の道を行くきっかけとなりました。

中学校では演劇部に所属し部長も務めていたんですよ。昔から演技に興味があったんですね。

 

高校在学中にホリプロスカウトキャラバンでグランプリに輝き、本格的に芸能界入りします。

若い頃から芸能界にいたんですね。

愛知県の高校に通っていましたがこれをきっかけに堀越高校へ転入します。

 

同級生にはともさかりえさん、山口さやかさん、堂本剛さん、水樹奈々さんなどがいました。

 

芸能クラスとはいえ豪華ですよね。

コンスタントにドラマに出演し、1996年には愛知銀行のイメージガールを務めます。

 

1996年の「虹をつかむ男」で映画デビュー。1997年に「バウンス ko GALS」で主演を務め、

同年のブルーリボン賞新人賞[、キネマ旬報新人女優賞、ヨコハマ映画祭の最優秀新人賞を受章します。

映画2作目にしてこれだけ賞を取るのはすごいですよね。当時から演技派だったんですね。

 

2018年にライザップのダイエット企画に参加し、7カ月で約15kgのダイエットに成功しました。すごいですよね。

 

そのかいあってか、2019年の40歳の誕生日に俳優の磯貝圭さんと結婚しました。

磯貝さんは5歳年下で、偶然にも同じ日が誕生日なんですよ。

佐藤仁美の若い頃の写真

佐藤仁美 若い頃 写真 昔 ドラマ

今では実年齢より年上のキャラを演じることが多い佐藤仁美さんですが、若い頃の写真を見るとやっぱり若いですよね。

とってもかわいらしいです。当時は水着の仕事などもありました。

 

今のキャラとは違うのでちょっと変な感じがしますね。結構キャラが変わっています。

昔のドラマ作品での代表作は?

佐藤仁美さんは若い頃から数々のドラマに出演されています。

佐藤仁美さんの昔の出演ドラマをご紹介していきますね。

スポンサーリンク

「イグアナの娘」や「ビーチボーイズ」ではヒロインの親友役

佐藤仁美 若い頃 写真 昔 ドラマ

佐藤仁美さんは高校生の時に「海がきこえる」というドラマでドラマデビューします。

主演は武田真治さんですが、佐藤仁美さんもいきなり主要人物を演じていました。

 

1997年には菅野美穂さん主演の「イグアナの娘」で主人公の親友を演じ、注目されました。

 

同じ年に「ビーチボーイズ」にも出演し、ヒロインの広末涼子さんの親友を演じています。

「家政婦のミタ」でブレイク!

佐藤仁美 若い頃 写真 昔 ドラマ

佐藤仁美さんのブレイクのきっかけになったドラマといえばやはり「家政婦のミタ」ですよね。

最高視聴率40%を超え、ドラマ自体も注目されていました。

佐藤仁美さんは「皆川真利子」という役を演じています。

 

翌年の「トッカン 特別国税徴収官」の第一話にゲスト出演し、同じ皆川真利子を演じました。

 

同じクールに放送されているドラマなら分かりますが、

1年たって同じ役で別のドラマに出るというのは珍しいケースですよね。

「ひよっこ」は佐藤仁美のための役だった?

佐藤仁美 若い頃 写真 昔 ドラマ

佐藤仁美さんは朝の連続テレビ小説にも数多く出演されています。

初出演は竹内結子さん主演の「あすか」。佐藤仁美さんはヒロインのライバルを演じています。

その後も「ファイト」、「おひさま」、「とと姉ちゃん」、「ひよっこ」と5作品に出演しています。

 

ひよっこの脚本の岡田惠和さんは、佐藤仁美さんのデビュー作「海が聞こえる」の脚本家でもあります。

 

デビュー当時からの付き合いなのでひよっこの役は佐藤仁美が演じることを前提としていて、

佐藤仁美さんに対する突込みなどもあるんですよ。

それを踏まえてもう一度見てみると面白いかもしれません。

まとめ

佐藤仁美さんのプロフィールと若い頃の写真、昔出演したドラマについて見てきました。

高校生の時にホリプロスカウトキャラバンでグランプリに選ばれ、若い頃からドラマに出演し続けてきた佐藤仁美さん。

 

「家政婦のミタ」以降は実年齢よりのおばちゃんキャラを演じることで注目を集めています。

 

プライベートもライザップでダイエットされたり、結婚されたりと絶好調です。

今後の佐藤仁美さんの活動も楽しみですね!

スポンサーリンク