斉藤由貴の若い頃が超絶かわいい!10代や20代の画像も!

斉藤由貴さんといえば、若い頃80年代の歌手アイドルといて一世風靡し、

今現在も歌手や女優そしてナレーターと様々な分野で活躍をつづけていますよね。

 

今回は、若い頃からずっと活躍している斉藤由貴さんの人生について若い頃の画像を交えながら振り返っていきたいと思います。

 

今でこそ、かわいい容姿の斎藤由紀さんなのですがデビューしたての10代、そして20代の頃の画像が超絶かわいいという噂も!

 

今回は、こちらの真相にも迫っていきます。

 

スポンサーリンク

若い頃の斎藤由紀が超絶可愛い!?

斉藤由貴の若い頃画像

斉藤由貴の若い頃画像

斉藤由貴さんは1966年9月10日に神奈川県横浜市に生まれました。

 

幼少期はあまり友達を作るタイプではなく、学校ではいつも一人で読書などをしながらすごし、

放課後も友達と遊ぶ事などあまりなくいつも一人で過ごしていたんですよ。

 

さらに中学時代は小説部、高校に入ってからは漫画研究部に所属ししずかな学生時代を過ごしていました。

 

しかし、そんな斉藤由貴さんに転機が訪れたんです。

 

なんと1984年母親が応募した第1回東宝シンデレラオーディションに出場し、

当時3万人越えの応募者の中からファイナリストとして残り準グランプリを獲得したんですよ!

 

(ちなみに当時のグランプリに輝いたのは沢口靖子さんです)

 

さらに同年開催された「少年マガジン」第3回ミスマガジンではグランプリを獲得しました。

 

さてさて、気になるのが斉藤由貴さんの若い頃の画像が超絶かわいいといううわさですよね。

 

確認するべく若い頃の画像を載せておりますがいかがですか?

 

もう言葉通り超絶かわいいです、いや超絶かわいすぎます!

 

10代の頃の活躍

斉藤由貴の若い頃画像

斉藤由貴の若い頃画像

ここでは斎藤由紀さんの10代の頃の活躍を主にご紹介していきます。

 

斉藤由貴さんがテレビ初デビューを果たしたのが明星食品「青春という名のラーメン・胸騒ぎチャーシュー」というCMだったんです。

 

CMにでるやいなや、斉藤由貴さんの存在はさらに世に知れ渡っていくようになり

1985年2月「時代だって由貴に染まる」というキャッチフレーズの元「卒業」という曲で歌手デビューしたんです。

 

この「卒業」は今現在でも様々な場所で流れたりしますので、一度は聞いた事がある方多いのではないでしょうか。

 

なんとこの曲はオリコンで最高6位を記録して約35万枚のヒット曲となったんですよ。

 

また同年4月放送開始したフジテレビ「スケバン刑事」という連続ドラマにも初主演をつとめるなど、

すぐさま売れっ子アイドルとなったのです。

 

いやー10代の頃から活躍しているなんて同じ女性としても素晴らしいなと思います。

 

10代の頃の斉藤由貴さんの画像を載せておりますがいかがですか?

 

セーラー服が本当に似合っていますよね、そしてやはり超絶かわいいです!!

 

スポンサーリンク

20代の活躍

斉藤由貴の若い頃画像

斉藤由貴の若い頃画像

芸能人として10代の頃から活躍している斉藤由貴さんなのですが、彼女の活躍は20代の頃も続くので、

20代の頃の活躍をご紹介していきます。

 

斉藤由貴さんは、1987年1月放送のドラマ「あまえないでヨ!」に主演として出演したのですが、

同年には黒柳徹子さんの自伝エッセイを映画にした「トットチャンネル」にも主演を務めたんですよ。

 

このようにアイドルとしてデビューした斉藤由貴さんは女優としても成功を遂げていったのです。

 

しかし、20代の斉藤由貴さんが活躍する場は歌手・女優だけにはとどまらなかったんです。

 

なんと、詩や小説、エッセイなどの著作も開始したんです。

 

その実力がどのくらいのものかをご紹介しておくと「月刊カドカワ」という雑誌の詩とイラストからなる

「運命の女」というコーナーにおいて1988年5月号~1996年8月号まで約10年間連載されたくらいなんですよ。

 

わずか20代でここまでの才能を開花できるなんて、斉藤由貴さんさすがです。

 

先ほどの10代の若い頃の画像と比べると20代は少し落ち着いている雰囲気がありますね♪

 

若い頃の画像で出演作品を振り返る!

斉藤由貴の若い頃画像

斉藤由貴の若い頃画像

若い頃から様々な分野で活躍している斉藤由貴さん。

 

ここでは女優斉藤由貴さんの出演したドラマのうち2作品を当時の画像と共に振り返っていきます。

 

1986「はね駒」

斉藤由貴の若い頃画像

斉藤由貴の若い頃画像

このドラマはNHK朝の連続テレビ小説で放送されたものなのですが、明治ー大正に活躍した女性新聞記者の半生を描いた作品なんです。

 

当時アイドルとして人気絶頂であった斉藤由貴さんを主演に抜擢した事で話題を呼び高視聴率を獲得しました。

 

1993「同窓会」

斉藤由貴の若い頃画像

斉藤由貴の若い頃画像

恩師の上京をきっかけに27歳になった同窓会に集まったメンバーの人間模様を描いたドラマだったのですが

男性の同性愛やバイセクシュアルを主なテーマ―として掲げられ過激で大胆なシーン、

そしてセリフなど多く起用され話題になりました。

 

全10回の平均視聴率は17パーセントと高い数字を記録したんですよ。

 

※2010年には「同窓会~ラブアゲイン症候群」でリメイクされています。

 

まとめ

今回は、若い頃から歌手に女優にと多面に渡り活躍をしている斉藤由貴さんについて

若い頃の画像を交えながら振り返りましたがいかがでしたでしょうか。

 

冒頭でもご紹介しましたが今でこそ今でこそ可愛らしい容姿の斉藤由貴さん、

デビュー当時10代20代の頃は超絶可愛かったですね。

 

また、学生時代小説ばかり読んでいた斉藤由貴さんんがエッセイストとしても活躍するなんてさすがですよね。

 

これからの活躍にもまだまだ目が離せませんね♪

 

次に読まれている記事はこちら↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。