西郷輝彦 若い頃 画像 娘 ヒット曲
出典:https://www9.nhk.or.jp

歌手として、俳優として活躍されている西郷輝彦さん。

若い頃はどのような感じだったのでしょうか?

 

西郷輝彦さんのプロフィールと若い頃の画像、過去のヒット曲について見ていきましょう。

 

また、娘さんについてもまとめました。

スポンサーリンク

西郷輝彦のプロフィール

西郷輝彦 若い頃 画像 娘 ヒット曲

  • 誕生日:1947年2月5日
  • 職業:歌手、タレント、俳優
  • 出身:鹿児島県鹿児島郡谷山町(のち谷山市、現:鹿児島市)
  • 本名: 今川 盛揮(いまがわ せいき)
  • 身長:176cm
  • 所属事務所:誠和プロ
  • 配偶者:辺見マリ(1972年 - 1981年)、一般女性(1990年ー)
  • 子ども:一男四女 長男・辺見鑑孝(ミュージシャン・プロモーター)、長女・辺見えみり(タレント)、三女・今川宇宙(モデル)

西郷輝彦さんは幼少期から芸術に興味があり、剣武や絵画を習ったり、紙芝居を作って披露したりしていました。

中学校に入るとスポーツに力を入れるようになりますが、兄の影響もあり歌手に憧れるようになります。

 

その一方で日活映画にも憧れを抱き、俳優も夢見ていました。

ですが、映画会社のオーディションに5社も応募するものの結果は不合格でした。

 

1962年に鹿児島商業高校を中退。ジャズ喫茶のオーディションを受けても不合格になってしまいます。

 

ですが、審査員の一人に目をかけられ、バンドボーイになります。

その後バンド活動をしていた際にスカウトされ、歌手としてデビューすることになります。

 

1964年にレコードデビュー。

そしてその年に「十七才のこの胸に」で映画デビューも果たします。

歌手と俳優になりたいという夢が同時に実現したんですね。

 

俳優としての代表作には映画「あゝ予科練」「狼よ落日を斬れ 風雲・激情篇 怒涛篇」、

テレビドラマでは「江戸を斬る」「忠臣蔵」「清水次郎シリーズ」などがありますよ。

 

1973年に放送されたドラマ「どてらい男(ヤツ)」は大ヒットし長く放送されました。

 

そのため、歌手活動は一時中断していたんですよ。

 

「西郷輝彦」という芸名は、地元の有名人である「西郷隆盛」の「西郷」と父から命名してもらった「輝彦」という名前を組み合わせたものです。

他にも芸名はいくつかあり、我修院建吾の名前で作家として小説を書いたり、銀川晶子、五代けんの名前で作詞作曲を行っていたりします。

 

作詞作曲を別名義で行う人は多いですが、「銀川晶子」という女性の名前があるのは驚きです。

西郷輝彦さん本人だと気が付かない人も多いのではないでしょうか。

西郷輝彦の若い頃の画像

西郷輝彦 若い頃 画像 娘 ヒット曲

西郷輝彦さんの若い頃の画像を見ると、さわやかなイケメンですね。

 

昔から堀が深くて男前です。今でもかっこいいですもんね。

スポンサーリンク

娘は辺見えみりだけじゃない!

西郷輝彦 若い頃 画像 娘 ヒット曲

西郷輝彦さんは若い頃辺見マリさんと結婚されました。人気絶頂の時の電撃結婚だったんですよ。

 

辺見マリさんとの間にはミュージシャン・プロモーターの辺見鑑孝さん、そして娘の辺見えみりさんがいます。

 

2人も芸能界で活躍されているというのはすごいですね。

ですが辺見マリさんとは性格の不一致が原因で1981年に離婚しています。

 

そして西郷輝彦さんは1990年に再婚、相手は19歳年下の一般女性です。

この女性との間に3人の娘がいます。

 

三女の今川宇宙(旧芸名天川宇宙)さんは、モデルとして活躍しているんですよ。

西郷輝彦のヒット曲は?

西郷輝彦 若い頃 画像 娘 ヒット曲

西郷輝彦さんは1964年に「君だけを」でレコードデビュー。60万枚を売り上げるヒット曲になりました。

 

その年に第6回レコード大賞 新人賞も受賞しています。

 

その他のヒット曲は、カバーされることの多い「星のフラメンコ」、第12回レコード大賞作曲賞を受賞した「真夏の嵐」、

大阪万博のテーマ曲でもある「世界の国からこんにちは」、映画主題歌である「若鷲の歌」、「海はふりむかない」などがあります。

 

最近は歌手よりも俳優敏雄手活躍しているイメージが強いかもしれませんが、

2000年代、2010年代になっても新曲をリリースしているんですよ。

まとめ

西郷輝彦さんのプロフィールと若い頃の画像、ヒット曲について見てきました。

 

西郷輝彦さんの娘は辺見マリさんとの間の辺見えみりさんが有名ですが、

その後再婚された一般人女性との間の娘も今川宇宙としてモデル活動をされています。

 

いつか親子で共演されるのも見てみたいですね。

スポンサーリンク