西島秀俊の若い頃画像!昔の出演映画一覧も!

若い頃からドラマや映画にと大活躍の西島秀俊さん。

 

俳優として芸能界デビューするきっかけとは一体なんだったのでしょうか。

 

また昔の出演ヒット作品の一覧も画像と共にご紹介していきますね!

 

スポンサーリンク

西島秀俊、俳優デビューしたきっかけとは!デビュー早々事務所移籍!?

 

  • 本名:西島秀俊
  • 生年月日:1971年3月29日
  • 出身地:東京都

東京都に生まれた西島秀俊さんは非常に若い頃秀才で東京大学合格者も多くだしている名門校の

桐朋高校に入学しました。

 

当時イギリスなどで人気だった「グラムロック」に熱中していた西島秀俊さんは当時

自身がギターボーカルとして主にコピー曲中心のロックバンドを組んでいました。

 

西島秀俊さんがロックバンドでボーカルを?今の姿からは想像つかないですよね、ただ若い頃の画像をご覧下さい。

 

若い頃からこんなにイケメンであった西島秀俊さんはビジュアルも抜群で女性のファンも

もしかしたらたくさんいたのかもしれませんね。

 

当時の友人たちは「当時のボーカルをしていた彼はチャラチャラしておらずかっこよかった。」と語っています。

 

歌手としての西島秀俊さんの歌声もぜひきいてみたいですよね。

 

高校を卒業した西島秀俊さんは横浜国立大学に入学しました、女性などが少ない大学で授業などにも

まじめに出席するという真面目な学生だったそうです。

 

そんな大学在学中に西島秀俊さんは俳優になることを決意、途中まで通っていた大学を中退、

オーディションに合格し見事芸能界入りを果たしました。

 

1997年に俳優デビューしましたが、その作品が今でも多くのファンに愛されているドラマ

「はぐれ刑事純情派」シリーズ5でした。

 

俳優としてその後注目されていく西島秀俊さんですが所属事務所は当初は西島秀俊さんをアイドル路線で

うりだそうとしていました。

 

しかし本人はアイドルではなく俳優として食べていきたいと主張し、事務所と対立してしまいます。

 

民放ドラマへ5年間の出演禁止という約束の元、西島秀俊さんは事務所を移籍しました。

 

ただその5年間、まじめな性格の西島秀俊さんはさぼることなく暇さえあれば映画館などに通い続け、

いつオファーがきてもいいようにと役作りをする日々でした。

 

さすがですね、私だったら5年間まつのであればもう他の道に進もうとしてしまいますが西島秀俊さんは

まじめで本当に俳優といて生きていこうと誓っていたんでしょうね。

 

俳優西島秀俊、監督北野武との出会いとは!

 

5年間民放のドラマ出演できなかった西島秀俊さんでしたが、マイナー映画などには出演していました。

 

そんな西島秀俊さんは出演禁止が解禁となる2002年に北野武さんが監督を務める

「DOLLS」の主演俳優にえらばれた事をきっかけに出演禁止は解禁されました。

 

再び俳優としての注目を浴びることになりますが、若い頃のそんないきさつについて西島秀俊さんはこう語っています。

 

「北野武さんは僕にとって本当に僕を見出してくださった恩人です。僕の中ではいつまでも心の師匠です。」

 

それほど「DOLLS」出演という出来事は西島秀俊さんにとって本当に人生最大の

出来事だったんではないでしょうか。

 

当時、この西島秀俊さんの起用は大抜擢といわれてもおかしくない出来事だったのです。

 

またこの作品はダマスカス国際映画祭の最優秀作品賞に選ばれました。

 

北野武さんとはそれっきり一緒に仕事をする機会になかなかめぐまれなかったそうですが、

2017年13年ぶりに心の師匠北野武さんと初共演をはたすことになったのです。

 

それが2014年からヒットしておりシリーズ化もされている「MOZU」です。

 

西島秀俊さんはシリーズ1から既に出演している作品です。

 

ずっと憧れていた北野武さんとの共演、本当にうれしかったのではないでしょうか。

 

「MOZU」は私も大好きな作品で当時も録画までわざわざしてみていた作品です。

 

この北野武さんとの共演シーンを改めてみてみたくなりました。

 

憧れの師匠との共演だったので西島秀俊さんもいつも以上に気合が入っていたのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

若い頃の映画出演画像で紹介、西島秀俊のヒット映画作品一覧!

 

苦労を乗り越え、今現在俳優として大活躍している西島秀俊さんですが

そんな西島秀俊さんのヒット作品一覧を若い頃の画像とともに紹介していきますね。

 

2004 「カナリア」

こちらの映画はオウム真理教事件を描いた作品ですが、母親が入信したカルト教団が崩壊したことにより

離れ離れになってしった家族を少年(12才)が探す旅をするという内容でした。

 

この映画で西島英寿さんは父親役を演じましたが、元信者という難しい役柄の挑戦でしたが

見事丁寧に演じきった事でも話題となりました。

 

2004 「帰郷」

同じく2004年に公開されたこの映画では西島秀俊さんは主演を務めました。

 

再婚する母親の結婚式に参列するために故郷に帰った西島秀俊さん演じる主人公は、昔の恋人と再会します。

 

その元恋人には小学生の娘がおり、ストーリが進むごとに女の子と打ち解けていくという心が温まり

また出会いというものを考えさせられる映画でした。

 

2006 「フリージア」

玉山鉄二さんとのダブル主演を務めた近未来バトル映画。

 

この作品では実力派俳優達の息のあったアクションで壮絶なリアルファイトの生々しさに

当時みている人の背筋も凍らせるような作品でした。

2008 「休暇」

小林薫さんが死刑囚の看守を務める警察官役で主演を務めたこの映画に、

西島秀俊さんは死刑囚役を熱演したと話題となった作品です。

 

死刑囚とは思えないほど落ち着いており、何事にも丁寧な模倣犯で暴れることなく最後の日を受け入れたという話です。

 

死刑制度というのが本当に必要なものなのかと考えさせられる映画でした。

 

ここでご紹介した作品はごく一部。

 

若い頃から様々なドラマや映画に出演をし活躍してる西島秀俊さんのヒット作品はまだまだあります!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

近年ではアクションの映画やドラマに出演しているイメージが非常に強い西島秀俊さんですが

ヒット映画作品一覧をみると若い頃から様々な役に挑戦されていたんですね。

 

デビュー時の困難から北野武さんとの出会いで乗り越え、今でも様々な場所で活躍してらっしゃいますね。

 

昔の画像と今現在と本当に何一つ変わらないイケメン俳優でしたね。

 

まだまだこれからも西島秀俊さん演技から目が離せません!!!

 

次に読まれている記事はこちら↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。