生瀬勝久 若い頃 画像 舞台 ドラマ
出典:https://wadai7.com

個性的な演技で舞台、ドラマ、映画などで活躍されている生瀬勝久さん。

名脇役とも言われていますよね。

今ではベテランといってもいいですが、若い頃はどのような感じだったのでしょうか。

 

生瀬勝久さんのプロフィールと若い頃の画像を見てみましょう。

 

代表的な舞台・ドラマ作品もご紹介します。

スポンサーリンク

生瀬勝久のプロフィール

生瀬勝久 若い頃 画像 舞台 ドラマ

  • 誕生日:1960年10月13日
  • 職業:俳優、タレント、司会者
  • 出身:兵庫県西宮市
  • 本名:同じ
  • 旧芸名:槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)
  • 身長:178cm
  • 事務所:リコモーション.
  • 配偶者:堀本陽子(元モデル・1997年~)
  • 子供:息子

生瀬勝久さんは1960年に兵庫県西宮市に生まれます。

1980年、二十歳の時に1980年に同志社大学文学部社会学科(現在の社会学部社会学科)に進学。

大学内の劇団「第三劇場」に所属していました。

 

1982年に、京都大学系の劇団、そとばこまちの代表を務めていた辰巳琢朗さんに誘われ、「劇団そとばこまち」に入団します。

 

1983年の「猿飛佐助」で舞台デビューしました。学生のうちに舞台デビューしていたんですね。

ちなみにこの時は本名ではなく、槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)という芸名で活動されていました。

1986年に同志社大学を卒業。内定をもらっていたのですが、断って演劇の道に進みます。

 

この年にはドラマ人間模様・追う男でドラマデビューもしました。

1988年にはそとばこまちの4代目代表になり、演出も務めるようになりました。

1988年からはテレビの世界にも進出します。

 

ですが、出演していたのはドラマではなくコント番組「週刊テレビ広辞苑」にレギュラー出演していました。

 

さらに、「探偵!ナイトスクープ」の初期の探偵の1人でもありました。

他にも数々の深夜番組に出演していたんですよ。

同時に、1988年に連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」に出演。

 

この時、本名の生瀬勝久に改名しています。元の芸名ではNHKにふさわしくないといわれたのです。

それでもバラエティ番組には槍魔栗 三助で出演していることもあったのですが、

本格的なテレビ出演のために1990年に生瀬勝久に本格改名。以後は旧芸名は使わなくなりました。

 

1990年代半ばから本格的にドラマに出演するようになります。

 

ドラマでの活動に本腰を入れるため、2001年にそとばこまちを退団。

数々のドラマ、映画作品に出演されるようになりました。

 

個性的な演技で名脇役といわれていましたが、2010年には「警部補 矢部謙三」で連続ドラマ初主演。

2012年には映画「スープ〜生まれ変わりの物語〜」で初主演されています。

生瀬勝久の若い頃の画像

生瀬勝久 若い頃 画像 舞台 ドラマ

生瀬勝久さんの若い頃、槍魔栗 三助時代の画像も見てみましたが、今とほとんど変わらないですね。

 

目力の強さが生瀬勝久さん!という感じです。

このまま変わらず歳を重ねれ行かれそうですよね。

スポンサーリンク

舞台でも活躍!

生瀬勝久 若い頃 画像 舞台 ドラマ

プロフィールの項でもお話しした通り、生瀬勝久さんは元々舞台をやられていて、劇団の座長も務めていました。

 

1994年に初公演した「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」は人気作品で何度も再演されています。

 

2001年以降は劇団そとばこまちを退団されていますが、まだ舞台には立ち続けていますよ。

「橋を渡ったら泣け」、「楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜」、

「祈りと怪物 〜ウィルヴィルの三姉妹〜」などでは演出もされています。

 

活動の場をドラマに移したといわれていますが、まだまだ舞台も大事にされているようですね。

生瀬勝久の演技は生で見たらさらに迫力がありそう。

興味のある方は生瀬勝久さんの舞台に足を運んでみてください。

代表的なドラマ作品

生瀬勝久 若い頃 画像 舞台 ドラマ

生瀬勝久さんは1986年にドラマデビューし、1988年に連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」に出演されています。

連続テレビ小説は他にも2002年の「まんてん」、2016年の「べっぴんさん」に出演されています。

 

大河ドラマも1994年の「花の乱」から「毛利元就」、「新選組!」、「竜馬伝」、「八重の桜」など7作品に出演されました。

 

生瀬勝久の知名度がアップした作品はやはり「トリック」ではないでしょうか。

仲間由紀恵さんとの掛け合いが毎回見物でしたよね。

仲間由紀さんとは「ごくせん」でも共演されていて、こちらも生瀬勝久さんの代表作となっています。

まとめ

生瀬勝久さんのプロフィールと若い頃の画像、舞台、ドラマでの活躍を振り返ってきました。

 

若い頃は舞台が中心でしたが1990年代から徐々にドラマにも出演されるようになりました。

 

それでも舞台にも出続けられていますよ。

個性的で唯一無二な存在の生瀬勝久さん。今後の活躍も楽しみですね。

スポンサーリンク