木村拓哉 若い頃 画像 ドラマ 映画
出典:木村拓哉 | Johnny's net

「anan」の好きな男性ランキングで15年連続1位を獲得したことがある木村拓哉さん。

なかなか今後も破られなそうな記録を持っていますよね。

他にもベストジーニストに殿堂入りするなど数々の記録を持っています。

 

40歳を過ぎてもイケメンの木村拓哉さんですが、若い頃の画像はどうなのでしょうか?過去に出演したドラマや映画についても振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

木村拓哉の若い頃の画像とプロフィール

木村拓哉 若い頃 画像 ドラマ 映画

  • 生年月日: 1972年11月13日
  • 職業:俳優、タレント、声優
  • 本名:同じ
  • ニックネーム:キムタク
  • 所属事務所:ジャニーズ事務所
  • 配偶者:工藤静香(歌手、
  • 子ども:長女、次女Kōki(モデル)

今ではクールな大人の男というイメージの木村拓哉さんですが、若い頃の画像を見てみるとかわいらしい印象がありますね。

公式では「東京都出身」となっていますが、木村拓哉さんの出身地については「東京都」「大阪府」「千葉県」という説があります。

どうやら3歳くらいまでは大阪府に住んでいて、小学校から高校までは千葉県の学校に通っていたようですね。

 

木村拓哉さんは1987年11月にジャニーズ事務所に入所しています。

 

中学3年生、15歳の時ですね。きっかけは親戚のおばさん。

木村拓哉さんに内緒で勝手に履歴書を送っていたそうです。

 

そして11月13日にジャニー喜多川さんから電話があり、15日に入所したようですよ。

2日でその決断をしたのがすごい!社長の目に留まったのでオーディションを受けずに入所したということですよね。

若い頃から光るものがあったのでしょうか。

 

翌年の1988年にSMAPを結成。入所から1年でグループに入るというのはすごいですよね。

ですが、SMAPは結成後すぐにデビューしたわけではありません。

3年後の1991年にCDデビューをしました。

 

その後はSMAPとして歌やバラエティ番組の活動はもちろん、ソロでドラマや映画などにも出演するようになりました。

木村拓哉の出演ドラマと映画を画像で振り返る

木村拓哉さんといえば大ヒットドラマも数々ありますよね。

若い頃の作品を中心にドラマと映画を画像で振り返ってみましょう。

「あすなろ白書」の名台詞で一躍注目を集める!

木村拓哉 若い頃 画像 ドラマ 映画

木村拓哉さんがドラマデビューをしたのは「あぶない少年III」という作品。

SMAPのメンバー全員が本人役で出演していました。

 

その後いくつかのドラマに出演しましたが注目されたのは「あすなろ白書」です。

石田ひかりさん、筒井道隆さん主演のドラマで主人公に行為を抱き見守り続ける青年を演じています。

 

石田ひかりさんを後ろから抱きしめ「俺じゃダメか」というセリフが話題になりましたよね!

スポンサーリンク

「ロングバケーション」が大ヒット!

木村拓哉 若い頃 画像 ドラマ 映画

木村拓哉さんの人気を絶頂に導いたドラマといえばやはり「ロングバケーション」ではないでしょうか。

ひょんなことから同居することになった山口智子さん演じる年上の女性との掛け合いが話題になりました。

「月曜の夜はOLが街から消える」といわれたほどのヒット作です。

 

その後も「協奏曲」「ギフト」「ラブジェネレーション」「眠れる森」「ビューティフルライフ」など数々の主演ドラマが大ヒット!

 

若い頃からずっと出演ドラマがヒットするというのは本当にすごいですね。

映画「武士の一分」で主演男優賞に!

木村拓哉 若い頃 画像 ドラマ 映画

木村拓哉さんは数々の映画にも出演しています。

デビュー作はSMAP全員が出演した「シュート!」という作品。

ドラマも映画もデビュー作は他のメンバーと一緒だったんですね。

 

中でも注目したいのは2006年に公開された山田洋二監督の「武士の一分」です。

 

木村拓哉さんはこの作品で「東京スポーツ映画大賞」「日刊スポーツ映画大賞」の主演男優賞を獲得しています。

他にはアニメ映画「ハウルの動く城」で声優に挑戦もしているんですよ。多彩な才能を発揮していますね。

 

今後も数々のドラマや映画に出演していくと思われます。期待したいですね!

まとめ

木村拓哉さんの若い頃の画像と、代表的なドラマ、映画を画像と共に振り返ってきました。

 

木村拓哉さんの出演作品はヒット作が多く、誰もが知っている作品が多いですよね。

 

まだ見たことがない作品があれば一度見てみてはいかがでしょうか。

アイドルとしての活動はもう見られませんが、今後も木村拓哉さんの役者としての活動が楽しみですね!

スポンサーリンク