加藤シゲアキ 若い頃 画像 ドラマ 小説
出典:https://cdn-ak.f.st-hatena.com

NEWSのメンバーとして、そしてソロではドラマに出演したり、小説を執筆したりと活躍されている加藤シゲアキさん。

若い頃はどのような感じだったのでしょうか。

 

加藤シゲアキさんのプロフィールと若い頃の画像、ソロの活動についても見ていきましょう。

スポンサーリンク

加藤シゲアキのプロフィール

加藤シゲアキ 若い頃 画像 ドラマ 小説

  • 誕生日:1987年7月11日
  • 職業:俳優、タレント、歌手、アイドル、小説家
  • 出身:広島県広島市→大阪府→神奈川県横浜市
  • 本名:加藤成亮
  • ニックネーム:シゲ
  • 身長:175cm
  • 所属事務所:ジャニーズ事務所
  • 配偶者:なし
  • 子ども:なし

加藤シゲアキさんは広島県で生まれ、4歳の頃に大阪府に引越し、そして10歳からは神奈川県横浜市に住んでいました。

子どもの頃から芸能界に興味があり、香取慎吾さんに憧れていたので小学校4年生の時にジャニーズ事務所に履歴書を送りました。

 

そして2年後の小学6年生の時にオーディションに合格。

ですが中学受験のためすぐに活動を休止することになりました。

 

ジャニー喜多川社長は理解してくれ、同じく学業と芸能生活を両立させていた櫻井翔さんを紹介。

 

加藤シゲアキさんは無事に青山学院の中等部、高等部、大学に進学しました。

事務所でレッスンをするようになってからすぐにNewSのメンバーに選ばれました。

2003年にCDデビューをしています。

 

初めは加藤成亮(読み方は同じ)で活動していましたが、2011年から芸名を加藤シゲアキに変更しています。

加藤シゲアキの若い頃の画像

加藤シゲアキ 若い頃 画像 ドラマ 小説

加藤シゲアキさんの若い頃の画像を見てみると、あまり印象が変わらないですね!若い頃からイケメンです。

 

このころから芸能界で活躍されていたんですね。

スポンサーリンク

加藤シゲアキの出演したドラマは?

加藤シゲアキ 若い頃 画像 ドラマ 小説

加藤シゲアキさんがドラマデビューをしたのは1999年。NewSを結成するより前ですね。

「怖い日曜日」というオムニバスドラマで主演を務めています。

短編ドラマとはいえ、初出演が主演というのはすごいですよね!

 

その後も短編ドラマなどに出演し、2001年には「3年B組金八先生 第6シリーズ」で学級委員の役を演じました。

 

第6シリーズのメイン生徒に憧れられる役なので登場シーンも多いですよ。

昔の作品ですので見たことがないという人は是非チェックしてみてください。

 

NewSとしてデビューした後も「ブスの瞳に恋してる」「パパと娘の7日間」「花のズボラ飯」

「失恋ショコラティエ」「華和家の四姉妹」などの人気ドラマに出演しています。

 

「ブラックボード」「月曜ゴールデン 新・示談交渉人 裏ファイルシリーズ」などの特別ドラマにも出演されています。

出演ドラマは結構多いんですね。

2010年には「トラブルマン」というドラマで連続ドラマ初主演をしています。

 

連続ドラマで主演を務めた「ゼロ 一獲千金ゲーム」ではNEWSの他のメンバーも特別出演して話題になりました。

小説家としても活躍!

加藤シゲアキ 若い頃 画像 ドラマ 小説

加藤シゲアキさんは、アイドルとして、俳優としてだけでなく小説家としても活躍しています。

 

NewS結成当初、あまり目立たない存在だった加藤シゲアキさんは、情緒不安定になることもあったそうです。

そんな時、書くことだったら他の人に負けない!という気持ちが奮い立ち、事務所に相談。

小説家としての道を歩むことになったのです。

 

2012年に「ピンクとグレー」という書き下ろし小説でデビュー。

 

この作品は芸能界と渋谷が舞台。芸能界の成功と挫折を描いた作品です。

自身の経験を小説に生かしていますが、小説自体はフィクションです。

 

2013年には漫画化、2016年には映画化もされています。

2017年には台湾、香港、マカオでも発売されているんですよ。すごいですよね。

その後発売された「閃光スクランブル」と「Burn. -バーン-」と併せて「渋谷サーガ3部作」と呼んでいます。

 

「傘をもたない蟻たちは」「チュベローズで待ってる」は雑誌で連載後、単行本として発売されました。

まとめ

加藤シゲアキさんのプロフィールと若い頃の画像を振り返ってみました。

NewSとしてだけでなく、役者としてドラマにも数多く出演していますし、小説家としてもデビューしています。

 

ジャニーズのタレントが小説を出版するのは加藤シゲアキさんが初めてなんですよ!

 

今後もどんな作品を作っていくのか楽しみですね!

スポンサーリンク