陣内孝則 若い頃 画像 バンド ちょうちん 映画
出典:amass

陣内孝則さんといえばダンディで強面なキャラクターから、渋めな役柄を演じる事の多いイメージの俳優ですが

俳優業だけではなくバンド活動もされているのはご存知でしたか?

 

今回は陣内孝則さんの若い頃に注目し、バンド時代や彼の代表作「ちょうちん」を含めた映画作品を画像と共にご紹介します。

スポンサーリンク

陣内孝則のプロフィール

陣内孝則 若い頃 画像 バンド ちょうちん 映画

  • 生年月日:1958年8月12日
  • 職業:俳優
  • 出身:福岡県大川市
  • 本名:同じ
  • 所属事務所:ジェイ・オフィス

画像右上にて陣内孝則さんの高校の卒アルを載せていますが、現在と比べると面影がしっかり残っていますね。

 

髪型のせいか未成年には見えず、とても大人っぽい印象を受けます。

 

現在の陣内孝則さんは実年齢より若く見えるので、高校時代の若い頃から現在に至るまでの間に

実年齢が容姿に追いつき、そして追い越したのでしょうね。

 

画像左側の陣内孝則さんは白髪ですが、自然に白くなったのか染めているのか分からないくらい綺麗なグラデーションになっています。

普通白髪になると一気に老け込んで見えるものですが、陣内孝則さんの場合はオシャレ白髪に見えるので若々しい印象がありますね。

 

すっかり俳優としてのイメージが定着している陣内孝則さんですが、実は俳優業よりも先にバンド活動をされていたんですよ!

音楽プロデューサーにスカウトされたのがきっかけで「ザ・ロッカーズ」というバンドグループに入られます。

ボーカルを担当されますが、容姿も整っていて歌も上手い、更には演技の才能もあるなんて素晴らしいですよね。

 

元々福岡県にお住まいだったのですが、上京する際彼のお父さんに「食っていけるか」と質問された所

「夢を食って生きる」と言い切った事があるんだとか。

 

陣内孝則さんらしくかっこいいエピソードですね。

グループだけでなくソロ歌手としてもシングルリリースし、更には俳優としても活躍!

ドラマや映画に出演し世間からの注目を浴びます。

 

バラエティ番組に出演される事もあり、芸人同様に笑いを求めるお調子者な一面もある陣内孝則さん。

ここからは、彼が若い頃に参加していたバンド活動の様子を画像と共にお伝えします。

また38年振りにバンド活動をされる際の画像も載せますので、見比べてみてくださいね。

陣内孝則の若い頃/バンド時代の画像がかっこいい!

陣内孝則 若い頃 画像 バンド ちょうちん 映画

画像左側、右上が若い頃の陣内孝則さん、画像右下が38年振りに活動されることになった陣内孝則さんの画像です。

 

サングラスをかけているため目元の印象はよく分かりませんが、38年経つと渋みが増してかっこいいですね!

陣内孝則さんの容姿は元々クールなので、ロックテイストな衣装も凄く似合います。

続いては、俳優としての陣内孝則さんに注目してみましょう。

「ちょうちん」あり!陣内孝則の過去の映画作品

ここでは陣内孝則さんが出演された「ちょうちん」等の映画作品を画像と共に振り返ります。

スポンサーリンク

1987年「ちょうちん」

陣内孝則 若い頃 画像 バンド ちょうちん 映画

こちらは1987年に公開された映画「ちょうちん」にて主演を務めた陣内孝則さんの画像です。

 

かっこいいのは勿論ですが、役柄のせいか少し怖い雰囲気もありますね。

 

厳しい世界で生きる男性をそのまま表現できていて凄いです。

女性と一緒にいる間でもピリピリとした空気をまとっていて、休まる暇のない様子がうかがえます。

歌手として芸能界活動を始められたのに、演技力も抜群でビックリです!

1996年「不法滞在」

陣内孝則 若い頃 画像 バンド ちょうちん 映画

こちらは1996年公開の映画「不法滞在」に出演された陣内孝則さんの画像。

こちらも主演ですが、「ちょうちん」の頃と比べるとより一層貫禄が出て魅力も増していますよね。

 

やはりこちらの作品も同じく、女性と居てもクールな表情が崩れる事はありません。

 

陣内孝則さんはこういった男気のある映画作品に出演される事が多いので、バラエティ番組に出演されるのはギャップを感じますよね。

危ない香りのする印象があるのにおちゃめな部分もある!ここが陣内孝則さんの人気の秘訣なのかもしれません。

まとめ

今回は陣内孝則さんの若い頃のバンド画像や映画作品をご紹介しましたがいかがでしたか?

 

高校時代からバンド時代初期、80年代、90年代の俳優活動、そして現在までの陣内孝則さんの画像を集めましたが

若い頃から変わらずサングラスや革ジャン、スーツをかっこよく着こなしていましたね!

 

これからも音楽や演技で活躍される事を期待しています。

スポンサーリンク