出典:JONNY ジョニー

今田耕司さんといえばバラエティ番組の司会者としてなくてはならない存在ですが

若い頃はレギュラー番組「ごっつええ感じ」でダウンタウンと共演していたのはご存知でしたか?

 

今回は今田耕司さんが出演されていた番組を若い頃の順から画像と共にご紹介します。

スポンサーリンク

今田耕司の若い頃の画像とプロフィール

今田耕司 若い頃 画像 番組 ダウンタウン ごっつええ感じ

  • 生年月日:1966年3月13日
  • 職業:芸人
  • 出身:大阪府大阪市
  • 本名:同じ
  • 所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

芸人である今田耕司さんのイメージからは想像がつかないかもしれませんが、実は実家がお寺で彼のお父さんは住職をされていたんですよ!

 

今田耕司さんは反発心が人一倍強かったようで、中学では家出、高校では寮からの脱走を試み、ついに中退されてしまいました。

ちなみにその高校は全寮制、卒業生がダウンタウンの浜田雅功さんで、しかも副寮長を務めておられました。

その浜田雅功さんと将来レギュラー番組で共演することになるとは、当時は思ってもいなかったでしょうね。

 

上の画像にて子供時代の今田耕司さんを載せていますがいかがですか?

 

現在の今田耕司さんと比べると面影が強く残っているように見えますね!

 

司会進行されていた事から真面目な印象がありましたが、髪型がちょっぴりヤンキーっぽいのにギャップを感じます。

 

中退した高校とは別の高校に入られた今田耕司さんは、勉学に勤しみつつ同時にラーメン屋に務めました。

その頃は芸人ではなく店長になる事が夢だったんだとか。

 

しかし高校卒業後、専門学校への入学を検討する際、自身の肌の弱さから水を扱う仕事に不向きであることと、

学費が高いことから職人業は諦め、学費の安かったNSCに入学されました。

 

お笑い芸人になるんだ!という強い意志があったわけではなく、単純にお笑いが好きであるという理由から。

NSCは実家から近く、アルバイトもしていたためにお金には困りませんでした。

NSCに入学して始めの頃はほんこんさんとコンビを組んで漫才をされていましたが、後にピン芸人として活動されるように。

 

それでは早速、今田耕司さんが出演された番組を若い頃の順から画像と共に振り返っていきたいと思います。

ダウンタウンとの共演番組「ごっつええ感じ」時代

今田耕司 若い頃 画像 番組 ダウンタウン ごっつええ感じ

こちらはレギュラー番組「ごっつええ感じ」でダウンタウンと共演されていた頃の今田耕司さんの画像です。

この頃はまだかなり若いですね。

 

このバラエティ番組にはあの大女優の篠原涼子さんもレギュラー出演されていました。

現在ではかっこいいキャリアウーマンな役柄も多いことからイメージしづらいかもしれませんが、

この番組では完全なボケ役で周囲を笑わせていました。

 

今田耕司さんも現在ではツッコミする役回りが多いと思いますが、ここではボケ役に回ることが多く現在では貴重な作品として扱われています。

 

この「ごっつええ感じ」は1991年から1997年まで放送されていました。

スポンサーリンク

再びお笑いブームがやってきた「爆笑レッドカーペット」時代

今田耕司 若い頃 画像 番組 ダウンタウン ごっつええ感じ

こちらは2007年から2014年の間に放送されていた番組「爆笑レッドカーペット」での今田耕司さんの画像。

ダウンタウンが巻き起こしたお笑いブームが新しい形となって帰ってきました。

 

主に芸人達がショートコントを披露し審査員が面白さを判定するという形式のバラエティ番組で、

今田耕司さんは司会者として出演されていました。

指原莉乃との司会「弁護士といっしょです」時代

今田耕司 若い頃 画像 番組 ダウンタウン ごっつええ感じ

こちらは2018年に放送されたバラエティ番組「弁護士といっしょです」にて指原莉乃さんと共に司会を務めた今田耕司さんの画像。

世の中の実態を弁護士の目線で語り、怪しくはないのか、合法なのかを突き止めるという事ですが

何かと問題になりそうなデリケートな番組でも今田耕司さんなら上手に回せそうなので安心できます。

 

「ごっつええ感じ」時代と比べるとぽっちゃりしていますが、健康的に太った印象を受けますね。

まとめ

今回は今田耕司さんが出演されたバラエティ番組の画像を若い頃の順から見ていきました。

 

学生だった頃やダウンタウンと共演されていた「ごっつええ感じ」時代はかなり若く見えましたが

現在の今田耕司さんも若々しいので驚きましたね。

 

これからも司会者として沢山の番組に出演される事を期待しています!

スポンサーリンク