榎木孝明 若い頃 画像 映画 舞台
出典:https://public.potaufeu.asahi.com

俳優だけでなく水彩画家としても活動されている榎木孝明さん。

若い頃は劇団四季に所属していたこともあるんです。

どんな感じだったのかちょっと見てみたいですよね。

 

今回は榎木孝明さんのプロフィールと若い頃の画像、出演した映画や舞台をご紹介していきます。

スポンサーリンク

榎木孝明のプロフィール

榎木孝明 若い頃 画像 映画 舞台

  • 誕生日:1956年1月5日
  • 職業:俳優、水彩画家
  • 出身:鹿児島県伊佐郡菱刈町(現:伊佐市)
  • 本名:同じ
  • 身長:180cm
  • 事務所:オフィス・タカ
  • 配偶者:鈴木輝江(女優)
  • 子供:長男、次男、長女

榎木孝明さんは鹿児島県伊佐郡菱刈町(現:伊佐市)出身。

榎木家はもともと大地主だったのですが、祖父の代に全財産を失い菱刈町を出ています。

ですが父親の代でまた菱刈町に土地を買い、榎木孝明さんはそこで生まれたのです。

 

小さな頃から絵を描くのが好きで地元の高校を卒業後、武蔵野美術大学に進学します。

初めは美術の道に進もうとしていたんですね。

 

ですが、在学中のアルバイトで芝居に出会い、大学3年生の時に劇団四季の研究員になります。

 

ここで芝居の道に進むことを決め、大学は中退しました。

劇団四季へは補欠で入ったのですが、翌年には舞台デビューしているんですよ。

 

その後、1984年に朝の連続テレビ小説「ロマンス」に出演。テレビドラマデビューをします。

ここからドラマ、映画と活動の幅を広げていったんですね。

 

1995年からフジテレビ系の浅見光彦シリーズで浅見光彦役で主演を務めています。

 

榎木孝明といえば浅見光彦!という人も多いのではないでしょうか。

原作者の内田康夫さんも新シリーズを書くときに榎木孝明さんの顔が浮かんでしまうほど、

浅見光彦役がぴったりはまっています。

 

2002年に浅見光彦役は引退したのですが、現在は光彦の兄の浅見陽一郎役として出演しています。

 

役者として活躍されている榎木孝明さんですが、昔から絵がうまかったこともあり、画家としても活動されているんですよ。

 

北海道美瑛町・大分県九重町・鹿児島市の3か所にアートギャラリーを持っているんです。

画集も発売していますよ!中退はしましたが美大に通っていた経験も活かしていてすごいですよね。

 

プライベートでは女優の鈴木輝江さんと結婚。二男一女がいます。

古武術が得意で、テレビ番組やイベントで披露することもありますよ。

榎木孝明の若い頃の画像

榎木孝明 若い頃 画像 映画 舞台

榎木孝明さんの若い頃の画像を見るととっても美形ですね。

 

今でもかっこいいですが、若い頃の画像はなんだか中性的な感じがして今とはまた違いますね!

優しそうな笑顔は今でも同じです。

スポンサーリンク

映画の代表作は?

榎木孝明 若い頃 画像 映画 舞台

榎木孝明さんは1981年に「雪の断章 -情熱-」で映画デビューしています。

その他「天と地と」「幕末純情伝」「天河伝説殺人事件」「時をかける少女」「仔犬ダンの物語」などに出演されています。

映画は時代物とサスペンスに出演されることが多いですね。

 

1991年には浅見光彦シリーズの「天河伝説殺人事件」も映画化されています。

 

榎木孝明さんの代表作ですが、ドラマがスタートしたのは1995年なので実は映画の方が先だったんですね。

舞台でも活躍!

榎木孝明 若い頃 画像 映画 舞台

榎木孝明さんは劇団四季出身ですが、退団後も舞台の世界で活躍されていますよ。

「黒蜥蜴」「カルメン」「リア王」「雪国」「墨東綺譚」などに出演されています。

 

さらに大上策である浅見光彦シリーズも「浅見光彦」オーディオシアター「天河伝説殺人事件」として舞台で演じていますよ。

これは映画にもなった作品ですね。

 

同じ役でもドラマや映画で演じるのと舞台で演じるのでは違うので、演技にも苦労されたでしょうね。

見比べてみたら面白いと思います。

まとめ

榎木孝明さんのプロフィールと若い頃の画像、映画や舞台の活躍について画像とともに振り返ってきました。

劇団四季を経て、映画、ドラマ、舞台で活躍されてきた榎木孝明さん。

浅見光彦シリーズが代表作で当たり役だといわれています。

 

現在は浅見光彦役は引退しましたが、同シリーズには兄役で出演されていますよ。

 

初めは美術の道に進もうとしていた榎木孝明さんは役者だけでなく、画家としても活動されています。

画集を出していたり、アートギャラリーもあるので興味がある方は見てみてください。

役者に、画家に、今後も榎木孝明さんの活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク