ベッカム 若い頃 画像 髪型 引退
出典:https://afpbb.ismcdn.jp

イングランド代表として長年サッカー界で活躍してきたデビッド・ベッカムさん。

若い頃はどのような感じだったのでしょうか。

 

今回はベッカムさんのプロフィールと若い頃の画像、引退後の活動について見ていきます。

 

また、話題になる髪型も見ていきましょう!

スポンサーリンク

ベッカムのプロフィール

ベッカム 若い頃 画像 髪型 引退

  • 誕生日:1975年5月2日
  • 職業:元サッカー選手、モデル
  • 出身:ロンドン、レイトンストーン
  • 本名:デイヴィッド・ロバート・ジョゼフ・ベッカム
  • ニックネーム:ベックス、貴公子
  • 身長:183cm
  • 配偶者:ヴィクトリア・アダムズ(スパイスガールズ・1999年ー)
  • 子供:長男(ブルックリン・ジョセフ・ベッカム・元サッカー選手)、次男(ロメオ・ジェームズ・ベッカム、元サッカー選手)、三男(クルス・デイヴィッド・ベッカム、元サッカー選手、
  • 歌手)、長女(ハーパー・セブン・ベッカム)

ベッカムさんは1975年にロンドンの下町、レイトンストーンに生まれます。

その後、チングフォードに引っ越しました。

子供のころからサッカー選手を目指していたのですが、周囲には本気にされていなかったんですよ。

 

1982年の7歳の時にリッジウェイ・ローヴァーズ(現在のブリムズダウン・ローヴァーズFC)に入ります。

 

3シーズンで115試合に出場。101得点を挙げました。

このチームに6年間所属していたのですが、並行して学校の試合にも出場していました。

 

この頃から地区と州の代表として活躍していたんですよ。さすがですよね。

ロンドンの複数のチームから誘いを受けていたのですが、1988年にマンチェスター・ユナイテッドFCの学生準会員。

1989年に学生会員になりました。1991年には契約金をもらい、練習生になったんですよ。

 

1992年にはFAユースカップで優勝しました。そして、1993年にはプロ契約を結んだんです。

 

1994-95シーズンには1カ月他チームにレンタル移籍し戻ってきたところ、

故障者が多かったため、スターティングメンバーに選ばれました。

1996-97シーズンでは背番号10を背負って活躍し、イングランド代表にも選ばれます。

 

ベッカムの名は世界に知れ渡るようになったんですよ。

その後、2003年から2007年はレアルマドリード、2007年から2012年はロサンゼルス・ギャラクシー、

2009-2010年はACミラン、2013年はパリ・サンジェルマンで活躍し、2013年に現役を引退されています。

 

プライベートでは1999年にスパイスガールズのヴィクトリア・ベッカム(旧姓アダムス)さんと結婚。

 

二人ともトップスターだったので注目を集めました。

結婚したことでエンターテインメントの世界に入ってしまった、と一時批判されたこともありましたが、

ベッカムさんフットボールの世界で活躍し続けてきたんです。

 

2人の間には3人の息子と1人の娘がいます。

息子は3人ともクラブチームに所属していましたが、現在は引退されて別の道を歩んでいます。

ベッカムの若い頃の画像

ベッカム 若い頃 画像 髪型 引退

ベッカムさんは40歳を過ぎた今でもかっこいいですが、若い頃の画像を見るとやはり昔からかっこいいですよね。

 

このまま素敵に歳を重ねていかれるんでしょう。

スポンサーリンク

いつも髪型が注目される!

ベッカム 若い頃 画像 髪型 引退

ベッカムさんといえば若い頃から髪型も話題になりますよね。

 

ソフトモヒカン、丸刈り、ツーブロック、無造作ヘア、ポニーテールなど様々な髪形をされていますが、どれもお似合いですよね。

 

おしゃれなベッカムさんの髪型は昔から注目の的です。

マネする人も多かったですよね。

引退後の活動は?

ベッカム 若い頃 画像 髪型 引退

2013年に現役を引退したベッカムさん。

その後は世界でフットボールの普及と振興のために活動されています。

 

2018年には 欧州サッカー連盟(UEFA)の会長賞に選ばれているんですよ。

 

また、ヘイグクラブウイスキー、H&M、アディダスなどと契約をしていて

肖像権などだけで今でも毎月1億円以上の収入があるのだとか!さすがですよね。

まとめ

ベッカムさんのプロフィールと若い頃の画像、髪型と引退後の活動についても見てきました。

 

数々のクラブチーム、そしてイングランド代表として活躍されてきたベッカムさん。

その要旨などからサッカー以外でも注目されることが多かったですね。

引退後の今でもその動向は注目され続けています。

スポンサーリンク