秋元康 若い頃 画像 年収 アイドル
出典:https://static.blogos.com

最近ではAKB48グループや坂道グループなどのプロデューサーとして有名な秋元康さん。

若い頃からおニャン子クラブのプロデュースをするなどしてアイドルを育ててきていたんですよ。

 

今回は秋元康さんのプロフィールと若い頃の画像を見ていきます。気になる年収についても見てみましょう。

スポンサーリンク

秋元康のプロフィール

秋元康 若い頃 画像 年収 アイドル

  • 誕生日:1958年5月2日
  • 職業:日本の音楽プロデューサー、作詞家、映画監督、放送作家
  • 出身:東京都目黒区大橋
  • 本名:同じ
  • 別名:高井良斉
  • 所属:秋元康事務所
  • 配偶者:高井 麻巳子(元アイドル・
  • 子供:長女

秋元康さんは1958年東京都目黒区に生まれます。

小さい頃にぜんそくにかかってしまい、保谷市(後の西東京市)に転居しています。

 

小学生の時には官僚を目指していて、開成中学を受験しますが不合格でした。

高校は中央大学附属高等学校に進学。

 

初めは東大を目指していたのですがほとんどの生徒が中央大学に内部進学することもあり、勉強ははかどらなかったそうです。

 

高校2年生の時、せんだみつおさんのラジオを聞いていた時に、

せんだみつおさんを主人公にした「平家物語」のパロディの台本のようなものをノートに書きました。

初めは何となく書いたのですが、周囲の勧めもあり、そのノートをラジオ局に送ることに。

 

すると後に社長になる亀渕昭信さんと、放送作家の奥山侊伸さんの目に留まります。

そして日本放送に遊びに行くようになり、奥山さんの弟子として大橋巨泉事務所に所属します。

大学は結局中央大学文学部に入学。

 

はじめは放送作家を職業にするつもりはなかったのですが、

この時すでに当時のサラリーマンの4倍ともいわれる収入がありました。すごいですよね。

 

1971年に亀渕さんから音楽プロデューサーの朝妻一郎さんを紹介されます。

秋元康さんは放送作家の仕事に不安を感じていたため、新しいことをスタートします。

その新しいこととは、作詞です。

 

「とんでも戦士ムテキング」というアニメの挿入歌で作詞家デビューしました。

その後同じ年にアルフィーに「言葉にしたくない天気」という楽曲も提供しました。

 

そこから作詞家として活動するようになり、稲垣潤一さん、長渕剛さん、小泉今日子さん、

とんねるずさんなどにも楽曲提供しました。

 

放送作家としても活動は続けていて「夕焼けニャンニャン」、「オールナイトフジ」などの人気番組にかかわっています。

プライベートでは1988年に元おニャン子クラブの高井麻巳子さんと結婚。長女がいます。

いつからアイドルに楽曲提供していたの?

秋元康 若い頃 画像 年収 アイドル

秋元康さんは、「夕焼けニャンニャン」の構成を担当していた時、

おニャン子クラブの全楽曲の作詞とプロデュースを担当していました。

この頃からアイドルに楽曲提供をしていたんですね。

 

ただ、おニャン子クラブはあくまで番組の一環であり、仕掛け人ではないとご本人が話しています。

 

その後、少女隊、幕末塾、ねずみっ子クラブなどのアイドルグループをプロデュースしています。

 

そして2005年にKRKプロデュース株式会社代表の窪田康志さん、

株式会社office48代表の芝幸太郎さんたちと、秋葉原48プロジェクトを発足。

「AKB48」というアイドルグループを立ち上げて、秋元康さんは総合プロデューサーであり、ほとんど楽曲の作詞を担当しています。

 

2006年にAKSという芸能プロダクションを設立。

AKB48は「会いに行けるアイドル」というコンセプトで、専用劇場で毎日公演を行っています。

 

初めはマイナーなアイドルでしたが、10枚目のシングル「大声ダイヤモンド」がヒット。

 

2010年以降は常に新曲が100万枚売れるようになりました。

全国に、SKE48、NMB48など姉妹グループを結成させ、

公式ライバルとして「乃木坂46」など坂道グループも結成させています。

スポンサーリンク

秋元康の若い頃の画像

秋元康 若い頃 画像 年収 アイドル

秋元康さんの若い頃の画像を見ると学生時代はシュッとしていて今とはちょっとイメージが違いますね。

 

ですが眼鏡をかけてからは今とあまり変わらない印象です。

年収はどのくらい?

秋元康 若い頃 画像 年収 アイドル

ミリオンヒット曲を何曲もプロデュースされている秋元康さん。

年収は一体どのくらいなのか気になっちゃいますよね。

 

おニャン子クラブののプロデュースをしていた1987年の時点で長者番付のその他部門で16位。

 

1億61万円納税していました。

今では長者番付の発表はされていないので、正確な年収は分からないのですが、

2011年の時点で年収は50億円だといわれています。

 

それからさらにヒット曲を連発しているので今では100億円を超えているかもしれませんね。

長者番付1位なのではないかとも噂されているんですよ。

まとめ

秋元康さんのプロフィールと若い頃の画像を見てきました。

若い頃は放送作家として芸能界入りした秋元康さん。

 

おニャン子クラブの作詞、プロデュースをしたことをきっかけに、何組ものアイドルユニットをプロデュースしてきました。

 

現在では48グループ、坂道グループをプロデュースしています。

はっきりした年収は分かりませんが、100億円を超えているのではないかとも言われています。

スポンサーリンク