出典:Real Sound|リアルサウンド

aikoさんといえば女性の気持ちを代弁する歌詞で共感を集め、年齢を問わず女性達から人気の歌手ですよね。

いつまでも若々しくてかわいいイメージのあるaikoさんですが、若い頃から現在にかけてお顔に変化はあったのか気になりませんか?

 

今回はジャケット画像で若い頃のaikoさんをみていきましょう。

スポンサーリンク

aikoのプロフィール

aiko 若い頃 画像 かわいい ジャケット

  • 生年月日:1975年11月22日
  • 職業:歌手
  • 出身:大阪府吹田市
  • 本名:柳井愛子
  • 所属事務所:エバーフォーミュージックパブリッシャーズ

実は、aikoさんはシンガーソングライターとして活躍される前に、DJのお仕事をされていたんですよ!

大阪出身ということで、やはりお話上手だったのでしょうか。

 

aikoさんの曲の作り方なんですが、まずは歌詞から決めて、後に音楽を当てはめていくようです。

しかしどうしても字余りになってしまう箇所もあるんだとか。

 

曲の数が増えれば増える程、曲作りが難しくなっていくものですが、そこでaikoさんが実践しているのは

目を閉じた状態でピアノの鍵盤を押し、その時たまたまなった音を最初の一音にすること。

 

こうすることで似たような曲調になってしまうのを防いでいます。

 

また型にハマることを嫌い、独特なメロディを作ることでスタッフから不評が出ることもあるそうなのですが

自分らしい音楽を貫いてきたおかげで現在の地位を手に入れることができたんですね。

 

歌うだけではなく自ら曲を作りだすのはかなりの苦労があると思いますが、aikoさんはそのような努力を表に見せないので本当にかっこいいです。

 

ちなみに、aikoさんは音楽だけでなく運動や絵描きも得意で、小さい頃は水泳やバレーボールを習われたり、

ご自身のジャケットやグッズを販売する際にイラストを書かれたりと才能を発揮。

 

上の画像にて、子供時代のaikoさんを載せていますがいかがですか?現在のaikoさんの面影もあり、凄くかわいいですよね♡

 

それでは早速、aikoさんのジャケット画像を若い頃の順から紹介していきます!

aikoのかわいいジャケット画像♡若い頃の順から紹介

ここではコロコレ編集部独断で、特にかわいいと思ったaikoさんのジャケット画像をご紹介。

若い頃の順に載せていきますので、お顔の変化にも注目してください。

1998年「あした」

aiko 若い頃 画像 かわいい ジャケット

こちらは初のシングルでデビュー曲にもなった「あした」でのaikoさんの画像です。

ショートヘアのイメージがあったaikoさんでしたが、当時は重めのロングヘアでガーリー系。

左下画像ではみつあみを披露されていますが、とても似合っていてかわいいです♡

 

この頃の年齢はまだ22歳とかなり若く肌も勿論綺麗なのですが、大人っぽい雰囲気がありますよね。

 

どの画像も笑顔を見せているわけではなくどこか切なげで、このジャケット画像を見たら

「どんな歌なんだろう」と気になって手に取りたくなります。

スポンサーリンク

1999年「カブトムシ」

aiko 若い頃 画像 かわいい ジャケット

こちらはデビューから1年後に発売されたシングル「カブトムシ」のジャケットとPVの画像。

ロングヘアだったのがばっさり切られ、爽やかな印象になりました。

 

右上の浴槽に服ごと浸かっているのがジャケット画像なんですが、ポップなファッションもお似合いでかわいいですね。

 

ロングヘアとショートヘアのaikoさん、どちらがお好みですか?

2005年「キラキラ」

aiko 若い頃 画像 かわいい ジャケット

こちらは2005年発売「キラキラ」のジャケットとPVの画像です。

左側画像が初回限定版のジャケットで、右上画像が通常版、そして右下画像がPVなんですがここでも再びロングヘア♡

 

PVではお団子にヘアアレンジされていますが、ビタミンカラーの衣装と相まって軽やかな印象を受けますね。

 

こうやって見ていくと、ジャケット画像やPVだけでも色々な髪型に挑戦されているのが分かります。

曲作り同様、髪型に関しても型にハマることなく自分らしさを表現されていて素敵ですね。

まとめ

今回はaikoさんの若い頃のジャケット画像を若い頃の順から見ていきましたが、

髪型の変化はあったもののお顔自体はほとんど変わりなくかわいいままでビックリしました!

 

aikoさんだからなのかもしれませんが衣装や髪型も凄くオシャレで、女性にとって真似したくなるものばかりでしたね。

 

これからも女性のお手本として、またシンガーソングライターとしてますます活躍されることを期待しています。

スポンサーリンク